川崎医科大学婦人科腫瘍学教室 PV
診療の特色
川崎医科大学産婦人科婦人科腫瘍学教室の対象疾患
婦人科良性疾患(卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜症)から婦人科悪性腫瘍、骨盤臓器脱まで細胞診・組織診・画像診断を行った上で、正確な診断のもとで十分な説明を行い、ホルモン療法や手術療法、抗がん剤治療を行っています。
川崎医科大学産婦人科婦人科腫瘍学教室の手術の概要
腹腔鏡手術の黎明期1994年より、塩田教授の長年蓄積してきたデータに基づき患者さまには低侵襲で社会復帰が早く、整容性に優れた腹腔鏡・ロボット手術を中心に提供しています。また、患者さまの状況に合わせて腟式手術・開腹手術も選択し、幅広く対応いたします。
患者様へ
腹腔鏡手術やロボット手術は低侵襲で社会復帰の早い手術ですが、患者様の病期の状態や適応をしっかり見極める必要がある高難度手術です。
当教室では婦人科腫瘍専門医、ロボット手術専門医、腹腔鏡技術認定医が外来で十分な術前診断を行います。
教室の特色
教室の特色

実績のある教室で若き担い手を育てる

川崎医科大学産婦人科婦人科腫瘍学教室の教室の歴史
産婦人科教育および付属病院における婦人科腫瘍に対する内視鏡手術を中心とする最先端治療の充実を図るために婦人科腹腔鏡手術のパイオニアである塩田 充教授を招聘し、平成25年9月に創設されました。
川崎医科大学産婦人科婦人科腫瘍学教室のスタッフ紹介
婦人科腫瘍に対する鏡視下手術を専門とする婦人科腫瘍専門医、ロボット手術専門医、腹腔鏡技術認定医で優れた医療を提供するチームスタッフを擁しています。
入局・研修案内
私たちはチーム医療の重要性を確信し、
人材育成にも力を注いでいます。
当教室では内視鏡、ロボット手術を中心に婦人科腫瘍の診断および治療についての診療教育を行っています。エビデンスに基づいた最新の婦人科診療、鏡視下手術をより実践的に研修していただけると思います。研修される方それぞれのニーズに沿った研修内容を一緒に作っていけます。

挨拶

教室の実績

2020年4月より婦人科でもdavinci Xi(手術支援ロボット)を使用した手術を開始し、ロボット外科学会国内A専門医(日本で3名)保有医師が着任。多数の手術実績があります。
2020年1月~12月の診療例