悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術の取り組み

悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術の取り組み

2014年4月から腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がん)が健康保険適用になりましたが、厳しい施設基準が設けられております。
施設の同様の開腹手術や術者の経験年数、手術例数などですが、川崎医科大学ではいち早く受理されております。
今後、悪性腫瘍(癌の)手術にも腹腔鏡手術を中心とする低侵襲手術の割合が増えていきます。
子宮体がん以外の婦人科がんに対する腹腔鏡手術やロボット支援手術にも積極的に取り組んでまいります。

このページ(悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術の取り組み)の先頭へ戻る

悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術の取り組み